ページの先頭です

住宅用火災警報器を設置しましょう

[2017年9月6日]

火災が発生したときには、目で煙や炎をみたり、鼻で焦げ臭いにおいを感じたり、耳でぱちぱちという音を感じたり・・・と五感によって気づくことがほとんどだと思います。しかし、それだけでは就寝中や仕切られた部屋などで物事に集中している時などには、火災に気づくのが遅れてしまいます。

そこで、家庭での火災の発生をいち早くキャッチし、知らせてくれるのが住宅用火災警報器です。                          

住宅用火災警報器は、火災により発生する煙や熱を感知し、音や音声により警報を発して火災の発生を知らせてくれる機器です。通常は、感知部と警報部が一つの機器の内部に包含されていますので、聞き本体を天井や壁に設置するだけで、機能を発揮します。                                   〔消防庁ホームページより引用〕

住宅用火災警報器は、あなたと家族を火災から守るきりふだです。まだ設置していない世帯は、一日も早く設置しましょう。

消防法が改正され、全国一律に住宅用火災警報器等の設置が義務付けられました(平成16年6月2日公布)

  • 新築住宅 平成18年6月1日から義務となっています。
  • 既存住宅 平成23年6月1日から義務となっています。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市消防本部

電話: 0749-22-0119 ファックス: 0749-22-9427

お問い合わせフォーム


住宅用火災警報器を設置しましょうへの別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.