ページの先頭です

熱中症に注意しましょう

[2017年7月24日]

暑い日が続き、熱中症になる人が増えてきます。
熱中症を知って、しっかり予防し、楽しい夏を過ごしましょう!

熱中症とは?

熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、さまざまな症状をおこす病気です。
家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

どのような場所でなりやすいか?

高温、多湿、風が弱い、輻射熱(熱を発生するもの)があるなどの環境では、体から外気への熱発散が減少し、汗の蒸発も不十分となり、熱中症が発生しやすくなります。

具体例

工事現場、運動場、体育館、一般の家庭の風呂場、気密性の高いビルやマンションの最上階など

どのような人がなりやすいか?

  • 脱水状態にある人
  • 高齢者
  • 肥満の人
  • 過度の衣服を着ている人
  • 普段から運動をしていない人
  • 暑さに慣れていない人
  • 病気の人

暑さへの耐性は個人差があります。自己管理することを忘れずにお願いします!
特に子供や高齢者は熱中症になりやすいので、家族の方々の注意が必要です!

熱中症の分類と対処方法(下に行くほど重症度が上がります)

めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗

  • 対処
     涼しい場所へ移動・安静・水分補給

頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下

  • 対処
     涼しい場所へ移動・体を冷やす・安静・十分な水分と塩分の補給
  • 医療機関への受診
     症状が改善すれば受診の必要なし
     口から飲めない場合や症状の改善が見られない場合は受診が必要

意識障害・けいれん・運動障害

意識障害…呼びかけに対し反応がおかしい・会話がおかしいなど
運動障害…普段通りに歩けないなど

  • 対処
     涼しい場所へ移動・安静・体が熱ければ保冷剤などで冷やす
  • 医療機関への受診
     ためらうことなく救急車(電話で119番)を要請

熱中症の予防ポイント

  • 部屋の温度をこまめにチェック!(普段過ごす部屋には温度計を置くことをお奨めします)
  • 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使いましょう!
  • のどが渇いたと感じたら必ず水分・塩分補給!
  • のどが渇かなくてもこまめに水分・塩分補給!
  • 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
  • 無理をせず、適度に休憩を!
  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを!

こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう

  • 自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合はためらわずに救急車を呼んでください!
  • 意識がない(おかしい)、全身けいれんがあるなどの症状を発見した場合は、ためらわずに救急車を呼んでください!

熱中症の応急手当

  • 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる
  • エアコンをつける、扇風機・うちわなどで風をあて、体を冷やす
  • 持病をお持ちの方やお子さんは、かかりつけの医師とあらかじめ相談し、熱中症対策についてアドバイスをもらっておきましょう。
脇の下・太もものつけねなどを冷やす、飲めるようであれば水分を少しずつ頻回に取らせる

参考

消防庁ホームページ:「熱中症情報」

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市消防本部 警防課
電話: 0749-22-0337 ファックス: 0749-22-9427

熱中症に注意しましょうへの別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.