ページの先頭です

寄附をした場合のメリットは?

[2017年3月2日]

1 彦根市からのお礼

 彦根市にご寄附いただいた方には、お礼として特産品等や年間パスポートをお渡しします!

(1) 特産品・サービス等

(2) 年間パスポート

ふるさと納税により彦根市へご寄附いただいた皆さんへは、彦根市からの感謝の気持ちとして“ふるさと彦根たっぷり満喫!年間パスポート”をお贈りいたします。

※彦根市へ5,000円以上の寄附をしていただいた方に、お1人につき1枚お贈りします。
※パスポートの有効期限は、ご寄附をいただいた月から1年間です。

年間パスポートの画像

平成28年10月からの年間パスポートデザイン

「年間パスポート」の特典内容

 寄附をしていただいた「ご本人様」に限り、対象観光スポットに無料でご入場いただけます。また各店舗等の特典をご活用いただけます。

パスポートご利用時の注意点

  • パスポートの有効期限は、寄附日から1年間となります。(有効期限はパスポートに印字してあります。)
  • パスポートを所持するご本人の利用に限り有効です。他人に譲渡することはできません。
  • パスポートの提示は、ご利用施設の入場前に、入場チケット売場へお願いします。
  • 他の特典との併用はできません。
  • パスポート特典を意図的に悪用されると、パスポートをご返還いただく場合があります。
  • 紛失等によるパスポートの再発行はいたしませんので、大切に保管ください。
  • パスポートによる特典内容は、変更になる場合がございます。最新の特典内容については、随時、彦根市ホームページ内でお知らせしますのでご確認ください。


「年間パスポート」協賛店を募集しています!

2 寄附金の控除について

 寄附を行った額のうち、2,000円を超える部分については、原則、一定の上限まで住民税と所得税を合わせて全額が控除されます。

 ☆住民税については、特例控除額の限度額が個人住民税の所得割額の1割から2割まで引き上げられました。(平成27年1月1日以降の寄附が対象となります。)

注意 寄附金控除を受けられるのは、本人が寄附をした分に限られます。ご家族など本人以外のお名前で寄附された分について、合算して控除を受けることはできません。

(1) 寄附金控除の計算例

彦根市に3万円を寄附した場合の詳細

(2) 寄附金控除の手続

 寄附金控除を受けるには、原則確定申告を行う必要がありますが、平成27年の税制改正によって確定申告が不要となるワンストップ特例制度が設けられました。

ア) 確定申告を要する場合(原則)

確定申告を要する場合の手順

   確定申告時には、ご寄附をいただいた後に彦根市からお渡しする領収証書が必要となります。
  紛失等による再発行はいたしませんので、大切に保管してください。

   確定申告の書類は、国税庁のホームページ(別ウインドウで開く)から作成できます。

   ※寄附金控除の対象となる額は、寄附者の所得や扶養者等により異なります。
    くわしくはお住まいの市区町村もしくは都道府県の住民税窓口までお願いします。

イ) ワンストップ特例制度による場合

特例制度を用いる場合の手順
  • 対象者

    以下の条件を満たしている方が対象者となります。

    1) ふるさと納税の寄附金控除を受ける目的以外で確定申告や住民税申告を行う必要がないこと

    2) ワンストップ特例申請を行う市町村の数が年間で5団体以下であること
      (同じ団体に複数回寄附しても寄附先の団体数は1 となります。)

  • 手続の方法

    記入例を参考に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に記入、押印の上下記まで送付してください。

     送付先:〒522-8501 彦根市元町4番2号 彦根市役所まちづくり推進室 あて

    *申請書は必ず寄附をした翌年の1月10日までに送付してください。
     期限内に申請できない場合は、確定申告の手続きが必要となりますのでご注意ください。

  • 注意点

       1) 申告特例申請書の提出後、氏名、住所、性別および生年月日に変更点がある場合は、寄附をした翌年の
    1月10日までに「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」
を提出する必要があります。

   2) 申告特例申請書を提出された場合でも、次のいずれかに該当する場合はワンストップ特例は適用されません。
     (この場合に控除を受けるには、原則通り確定申告が必要となります。)

       ⅰ) 確定申告が必要なとき

      ⅱ) 住民税の申告を行ったとき

      ⅲ) 1月1日から12月31日の間にワンストップ特例の申請を行った市町村の数が5団体を超えたとき

      ⅳ) 申告特例申請書記載の住所地と課税市町村の住所地が異なり、寄附先の市町村からの通知が
        課税市町村に届かないとき

   3) 平成28年より個人番号の記載が必要となりました。また、個人番号の番号確認のため以下の書類を
     申請書と併せてご提出いただく必要がありますのでご注意ください。

     ⅰ) マイナンバーカードの両面の写し

     ⅱ) マイナンバー通知カードの写し+運転免許証の写しなど

寄附金税額控除に係る申告特例申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

(3)法人の皆さんへ

 法人の皆さんにおかれましては、ふるさと納税制度による寄附金控除の優遇措置はございませんが、彦根市へご寄附いただいた分については、法人税における当該事業年度の損金に全額算入していただくことができます。

 彦根市へご寄附いただく場合の手続きにつきましては、個人の方と同様になりますので、次のサイトをそれぞれご確認ください。

 また、法人の皆さんに対しましても、ご寄附をいただいた感謝の気持ちといたしまして、事業所の従業員の皆さんに限りご利用いただける「年間パスポート」をお贈りさせていただきます。

 ぜひ、彦根市を応援していただき、多くの寄附を賜りますようよろしくお願いいたします。

 くわしくは、彦根市役所まちづくり推進室まで問い合わせてください。

 電話番号:0749-30-6117(平日8時30分から午後5時15分)
 電子メール:furusato-hikone@ma.city.hikone.shiga.jp

(4)ひこにゃんファンクラブについて

みんなのひこにゃん応援事業へ5,000円以上の寄附をいただいた人は同時に“ひこにゃんファンクラブ”へ加入いただきます
(注1)ファンクラブ会員の有効期限は「ふるさと彦根たっぷり満喫!年間パスポート」と同じく、ご寄附いただいてから1年間とさせていただきます。

ひこにゃんファンクラブ

ひこにゃんファンクラブ

「ひこにゃんファンクラブ」についての問い合わせ先

ひこにゃんファンクラブ事務局(彦根市役所観光企画課)
 電話:0749-30-6120(直通)
 ファックス:0749-22-1398(代表)

ひこにゃんファンクラブの詳細については、コチラ(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市企画振興部まちづくり推進室

電話: 0749-30-6117 ファックス: 0749-22-1398

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.