ページの先頭です

生ごみ処理機購入費の一部を補助します!

[2016年9月14日]

生ごみをなくそう!

ガーデニングや家庭菜園にも堆肥として使えます!

補助金制度の概要

補助対象者

  1. 彦根市に住所を有する方
  2. 彦根市内で生ごみ処理機を利用できる方
  3. 生ごみ処理機を適切に管理できる方
  4. 市税を滞納していない方

補助対象の生ごみ処理機

※かくはん、加湿、乾燥、微生物による分解等を行うことにより、生ごみを処理する機器で、手動または電動によるもの。(ディスポーザー方式のものは除きます。)メーカーは問いません。

電気式

電気式

手動攪拌式

手動攪拌式

補助率・限度額

本体購入額(本体価格に消費税および地方消費税を加算した額)の3分の1以内
限度額は15,000円(100円未満は切り捨て)

申請の制限

彦根市生ごみ処理機購入補助金の交付を受けたことのある方は、補助金を受けた日から、5年間は再申請できません。

 

補助金申請手続きの流れ

  1. 補助金制度の確認

    補助金制度の内容をご確認いただき、ご家庭の生活スタイルに合った生ごみ処理機をご検討ください。
    (1)「補助金交付申請書」を提出してください。

           ※型式のわかるカタログ等を添付してください。

    住民登録や市税納付状況を確認いたしますので、同意欄にご署名をお願いします。
 

    2.生ごみ処理機の購入

    当課より「交付決定通知」が届きましたら、各家電取扱店等で、ご自身でご購入ください。
     

   (1)「実績報告書」を提出してください。

    領収書も添付願います。領収書には

   「(1)購入者氏名、(2)購入年月日、(3)購入した生ごみ処理機の名称および記号(4)購入価格(税込)、

    (5)販売店の所在地および店名」のすべての記載があるものことが必要です。

 

    3.交付請求書の提出

    当課より「交付確定通知」が届きましたら、交付請求書をご提出ください。

     

申請等書類の提出先は市役所生活環境課および稲枝支所ならびに各出張所です。

郵送でも構いませんが、その場合は生活環境課までお願いします。

補助金の振込みには申請いただいてから約1か月程度の日数を要しますので、ご了承ください。

生活環境課からのお願い

家庭などから排出される生ごみは、重量比でごみ排出量の約3割を占めています。
 ごみの減量化を進める上で、生ごみのリサイクルは大変重要な課題となります。
 生ごみは、多くの市町村で可燃ごみとして収集されていますが、含水率が高く燃えにくい上、塩分を多く含むことから、本来は、燃焼に適したごみとは言えません。
 また、生ごみは、分別がきちんとできれば、堆肥化や飼料化などにより再生利用することが技術的にも可能な資源という側面をもっています。
 環境負荷となるごみをできる限り減らし、貴重な資源を有効に活用するためにも、生ごみの減量化・リサイクルを進めましょう。

生ごみ処理機の種類

生ごみ処理機の種類一覧
手動式電気式電気式電気式
処理形態撹拌式乾燥式バイオ式ハイブリッド式
処理方法保湿や撹拌により微生物が活動しやすいようにした方式電気を利用して生ごみを乾燥する方式微生物(バイオ)の働きで生ごみを分解する方式バイオ処理の前に送風乾燥し、処理中の臭いをカットする方式
設置場所屋内外屋内屋内外屋外
電気代なし700円~1,000円
(メーカー平均)
700円~1,000円
(メーカー平均)
700円~1,000円
(メーカー平均)
バイオ剤必要なし必要必要
本体価格約1万円~3万円約5万円~8万円約5万円~8万円約5万円~8万円

撹拌式

 保温や攪拌により微生物が活動しやすいようにした生ごみ処理機。室内に設置し、撹拌を手動で行うタイプ。ハンドルを回して撹拌することにより、空気を取入れ、微生物の活動を活発にして生ごみを分解する。生ごみは半分以下に減量。臭いは出ない。交換式チップ材が必要。

乾燥式

 電気を利用して生ごみを乾燥し、減量・減容する方式です。ヒーター等の熱源や風で生ごみの水分を蒸発させて乾燥し、減量・減容させます。置き場所はニオイが気にならず、コンパクトなのでキッチンに最適です。

バイオ式

 微生物(バイオ)を利用して生ごみを分解し、減量・減容する方式です。微生物の働きで生ごみを水と炭酸ガスに分解し、減量・減容させます。置き場所は屋外等。室内設置可能なものもあります。

ハイブリッド式

 バイオ処理の前に送風乾燥して、処理中のニオイを大幅にカットする方式です。槽内の環境がバランスよく保たれるため、一般的なバイオ処理よりニオイも少ないのが特長です。(バイオ式と乾燥式の両方の長所を生かしたもの)置き場所は屋外が最適です。

※生ごみ処理機から排出されたばかりのものは、まだ堆肥としては未完成です。
 これを肥料として使用するには、熟成させて完熟堆肥とする必要があります。
 ご家庭でも生ごみを堆肥にして、ガーデニングや家庭菜園で元気な野菜や花を作ってみませんか。趣味と実用を生かして、生ごみの減量・減容にご協力ください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市市民環境部生活環境課

電話: 0749-30-6116 ファックス: 0749-27-0395

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.