ページの先頭です

都市計画区域

 都市計画区域とは、一体の都市として総合的に整備し、開発し、および保全する必要がある区域を言い、滋賀県ではその規模を、一つの市町の区域にとらわれず、複数の市町にわたる広域な区域を都市計画区域としています。
 彦根市については、彦根市の全部、長浜市の一部、米原市の一部および多賀町の一部の3市1町で構成する「彦根長浜都市計画区域」に属しており、全区域面積約25,320haのうち本市の区域面積は、行政区域から琵琶湖を除く約9,815haとなっています。

都市計画区域縮小図

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

都市計画の内容

 都市としての健全な発展と秩序ある整備を図るために、総合的な土地利用計画や都市施設の整備、市街地の開発を行うものが都市計画です。都市計画の内容は、以下の計画で構成されています。

都市計画の内容図

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

都市計画の内容

土地利用

1.区域区分

 無秩序な市街化を防止し計画的な市街化を図るため、彦根市が属している「彦根長浜都市計画区域」では都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分しています。

  • 市街化区域とは
     すでに市街地を形成している区域とおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域を市街化区域といいます。
  • 市街化調整区域とは
     市街化を抑制すべき区域を市街化調整区域といいます。

 〔都市計画法第7条第2項および第3項による〕

彦根市における区域区分(平成28年4月1日現在)

決定・変更年月日

市街化区域(ha)市街化調整区域(ha)合計(ha)=都市計画区域
昭和46年6月11日 当初決定2,472(24.9%)7,463(75.1%)9,935(100%)
昭和55年3月28日 第1回変更2,413(24.3%)7,521(75.7%)9,934(100%)
平成元年2月22日 第2回変更2,493(25.4%)7,322(74.6%)9,815(100%)
平成8年6月5日 第3回変更2,572(26.2%)7,243(73.8%)9,815(100%)
平成16年5月14日 第4回変更2,571(26.2%)7,244(73.8%)9,815(100%)
平成24年3月28日 第5回変更2,571(26.2%)7,244(73.8%)9,815(100%)

2.地域地区

 土地の自然的条件および土地利用の動向を勘案して、住居、商業、工業、その他の用途を適正に配分することにより、都市機能の維持増進、住環境の保護、商業、工業の利便性の増進、美観風致の維持、公害の防止など適正な都市環境を保持するためのものであり、彦根市では次のとおり定めています。

(ア)用途地域

面積(ha)

  • 第一種低層住居専用地域 68.0
  • 第二種低層住居専用地域 0
  • 第一種中高層住居専用地域 620.7
  • 第二種中高層住居専用地域 0
  • 第一種住居地域 852.9
  • 第二種住居地域 34.5
  • 準住居地域 10.2
  • 近隣商業地域 216.3
  • 商業地域 60.5
  • 準工業地域 312.4
  • 工業地域 241.3
  • 工業専用地域 154.0
  • 合計 2,570.8

(平成28年4月1日現在)

12種類の用途地域のイメージ図

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

(イ)防火地域

面積(ha)

  • 銀座町ほか 3.9

(平成28年4月1日現在)

(ウ)風致地区

面積(ha)

  • 鳥居本 238.2
  • 彦根東部439.0
  • 荒神山203.2
  • 彦根長浜湖岸(新海地区~松原地区) 257.3
  • 佐和山 78.9
  • 彦根城 90.0
  • 芹川 10.4
  • 雨壺山 21.9
  • 大堀山 8.0
  • 古城山 10.6
  • 合計 1,357.50

(平成28年4月1日現在)

(エ)臨港地区

面積(ha)

  • 彦根港臨港地区 4.1

(平成28年4月1日現在)

都市施設

1.道路

 都市内における道路いわゆる街路は、歩行者や自動車などの交通を支えるだけでなく、採光、通風などの都市環境の保全、防災、あるいは上下水道、電気、ガスなどを埋設する空間としての役割などさまざまな機能を有し、良好な都市形成の基盤となるものです。
 彦根市においては、下記のとおり都市計画道路として計画しており、順次整備を進めています。

彦根市の都市計画道路一覧(平成28年4月1日現在)

種別

番号路線名
幹線街路1 3・3・1彦根長浜幹線
幹線街路2 3・3・4彦根停車場線
幹線街路3 3・3・5川瀬古沢線
幹線街路4 3・4・18彦根米原線
幹線街路5 3・4・19原松原線
幹線街路6 3・4・20原長曽根線
幹線街路7 3・4・21長曽根銀座線
幹線街路8 3・4・22大藪多賀線
幹線街路9 3・4・23河瀬停車場線
幹線街路10 3・4・24稲枝停車場線
幹線街路11 3・4・25立花船町線
幹線街路12 3・4・26大東船町線
幹線街路13 3・4・27本町線
幹線街路14 3・4・28三番町土橋線
幹線街路15 3・4・29池洲線
幹線街路16 3・4・30河瀬馬場線
幹線街路17 3・4・31野良田金沢線
幹線街路18 3・4・32古沢安清線
幹線街路19 3・4・33彦根駅里根線
幹線街路20 3・4・106彦富野良田線
幹線街路21 3・4・107稲部彦富線
幹線街路22 3・5・101大藪橋向線
幹線街路23 3・5・102彦根駅大藪線
幹線街路24 3・5・103西沼波野田山線
幹線街路25 3・5・104亀山河瀬線
幹線街路26 3・5・105稲部肥田線
幹線街路27 3・5・107彦根多賀線
幹線街路28 3・5・108大藪磯線
幹線街路29 3・5・109西馬場八坂線
幹線街路30 3・5・110河原戸賀線
幹線街路31 3・5・111高宮線
幹線街路32 3・5・112野良田肥田線
幹線街路33 3・5・113稲枝西口停車場線
特殊街路34 8・6・101立花佐和線
特殊街路35 8・7・101稲枝駅東西線
  • 幹線街路
     都市内におけるまとまった交通を受け持つとともに、都市の骨格を形成する道路
  • 特殊街路
     専ら歩行者、自転車または自転車および歩行者のそれぞれの交通の用に供する道路

彦根市の都市計画道路の整備状況(平成28年4月1日現在)

  • 路線数
     35
  • 都市計画道路計画延長
     69,197m
  • 改良済延長
     31,160m
  • 概成済延長
     14,300m
  • 整備済延長計
     45,460m
  • 未整備延長
     23,737m
  • 整備率(概成含)
     65.69%
  • 整備率(完成分)
     45.03%

注)概成済
 改良済以外の区間のうち、路線として都市計画道路と同程度の機能を果たしうる現道(概ね計画幅員の2/3以上または4車線以上の幅員を要する道路)を有する区間をいいます。

代表的な都市計画道路の整備

3・4・27本町線(夢京橋キャッスルロード)

3・4・27本町線(夢京橋キャッスルロード)

3・4・21長曽根銀座線

3・4・21長曽根銀座線

2.交通広場

 鉄道駅等交通結節点において、複数の交通機関間の乗り継ぎが円滑に行えるよう、必要に応じて駅前広場などの交通広場を設けています。
駅前広場面積(m2)(平成28年4月1日現在)

駅名

計画供用
彦根駅5,4005,400
彦根駅(東口)5,5005,500
彦根口駅1,080
稲枝駅(東口)3,330
稲枝駅(西口)2,160

3.公園・緑地

 都市生活にとって公園や緑地は、街に住む人々の休息、鑑賞、散歩、遊戯、運動、その他のレクリエーションの場となるだけでなく、街の中に残されている貴重な自然の保全や、街の緑化を推進するためのものです。また、災害時には避難場所としても利用される重要なスペースでもあります。
 なお、都市公園法に基づいた公園、緑地を総称して都市公園といい、彦根市においては下記のとおり計画し、順次整備を進めています。

彦根市の都市公園一覧(平成28年4月1日現在)

種別

番号・公園、緑地面積(ha)
計画
面積(ha)
供用
総合公園1 5・5・2 金亀公園37.90 37.90
総合公園2 5・5・3 千鳥ヶ丘公園19.00 9.97
総合公園3 5・5・5 荒神山公園16.60 16.50
街区公園4 2・2・101 外馬場公園0.63 0.28
街区公園5 2・2・102 大東公園0.17 0.17
街区公園6 2・2・103 金城児童公園0.25
街区公園7 2・2・104 大藪児童公園0.36 0.36
街区公園

8 2・2・105 京町公園

0.23
近隣公園9 3・3・5 鳥居本公園2.10 2.10
近隣公園10 3・3・6 野田山公園1.40
近隣公園11 3・3・7 旭森公園1.30 0.10
近隣公園12 3・3・8 福満公園1.20 1.20
近隣公園13 3・3・9 金城公園1.10
近隣公園14 3・3・10 河瀬公園1.50
地区公園15 4・4・4 庄堺公園4.20 4.20
87.94 72.78
緑地3 芹川緑地49.20
緑地4 犬上川緑地124.2
緑地5 宇曽川緑地77.6
緑地6 愛知川緑地112.5
緑地7 琵琶湖湖岸(曽根沼)緑地32.2 30.4
緑地9 琵琶湖湖岸(松原地区)緑地3.3 3.0
緑地10 琵琶湖湖岸(柳川~宇曽川地区)緑地11.0 10.0
緑地11 琵琶湖湖岸(柳川~新海地区)緑地17.3 12.0
緑地12 琵琶湖湖岸(犬上川~大藪地区)緑地5.2 3.0
432.5 58.4
  • 総合公園
     主として一つの市町の区域内に居住する者の休憩、鑑賞、散歩、遊戯、運動等総合的な利用に供することを目的とする公園
  • 街区公園
     主として街区内に居住する者の利用に供することを目的とする公園
  • 近隣公園
     主として近隣に居住する者の利用に供することを目的とする公園
  • 地区公園
     主として徒歩圏域内に居住する者の用に供することを目的とする公園

彦根市の代表的な都市公園

5・5・2金亀公園

5・5・2金亀公園
(こんきこうえん)

5・5・5荒神山公園

5・5・5荒神山公園
(こうじんやまこうえん)

3・3・8福満公園

3・3・8福満公園
(ふくみつこうえん)

4・4・4庄堺公園

4・4・4庄堺公園
(しょうさかいこうえん)

4.下水道

 琵琶湖、そして、琵琶湖にそそぐ幾重の河川。このすばらしい自然環境は、近年、水質の悪化とともに徐々にその姿を変ぼうさせています。この水質をいつまでも美しく保つため、また、より良い住環境の整備を図るため下水道事業を推進しています。
 また、市街地の浸水対策としても下水道事業により水路整備を進めています。

  • 全体計画面積
     3,534.60ha
  • 都市計画決定(当初)
     昭和57年1月30日
  • 都市計画決定(変更(最終))
     平成22年1月7日
  • 処理排水面積(汚水)
     2,519ha
  • 処理排水面積(雨水)
     2,519ha
  • 排除方式
     分流式
  • 処理区
     流域関連・東北部処理区

(平成28年4月1日現在)

5.その他の都市施設

その他の都市施設一覧(平成28年4月1日現在)

都市施設名

施設名称位置面積(ha)
計画
面積(ha)
供用
汚物処理場彦根市衛生処理場彦根市開出今町1.251.25
ごみ焼却場彦根市ごみ焼却場彦根市野瀬町1.311.31
市場彦根総合地方卸売市場彦根市安食中町2.712.71
火葬場紫雲苑多賀町敏満寺11
防火水槽防火水槽15か所300(m2)300(m2)

彦根市都市計画総括図(1/25,000)

彦根市都市計画総括図

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

市街地開発事業

1.土地区画整理事業

 土地区画整理事業は、一定の区域の中で道路や公園などの公共施設と宅地を一体的に整備し、市街地の利便性を図るものです。
 彦根市においては、現在、彦根駅東地区において事業を推進しています。

 彦根駅東地区の詳細については、市街地整備課へ問い合わせてください。

彦根市の土地区画整理事業一覧表(平成28年4月1日現在)

地区名

施行者面積(ha)施行状況施行期間(年度)
彦根駅附近15.5完了S45~S58
新海浜組合19.6完了S45~S48
開出今彦根市開発公社6.2完了S46~S47
大藪近江鉄道12.1完了S46~S48
竹ヶ鼻竹ヶ鼻農住組合4.9完了H8~H11
本町組合1.3完了H11~H18
彦根駅東17.7施行中H11~H30

地区計画

1.地区計画

 地区計画は住民参加の「都市計画」です。地区単位でそれぞれの地区の個性に合わせて、そこに住む人々が考え話し合い、地区の将来像を明確にしたうえで建築物や土地利用に関する様ざまなルールを定めています。
 詳しくは、地区計画とはをご覧ください。

彦根市の地区計画決定状況一覧表(平成28年4月1日現在)

地区計画名

計画決定日地区の位置面積
(ha)
野瀬町高畦地区地区計画平成17年5月25日(最終)彦根市野瀬町字高畦外20.4
川瀬馬場町野中地区地区計画平成17年5月25日(最終)彦根市川瀬馬場町字野中外16
本町地区地区計画平成6年11月18日彦根市本町一丁目外3.1
彦根駅東地区地区計画平成18年5月19日彦根市古沢町外17.8
里根・古沢地区地区計画平成20年2月20日彦根市里根町外14.7
亀山ニュータウンIII期地区地区計画平成25年5月31日彦根市清崎町の一部3.9
エクセレントヒルズ彦根地区地区計画平成26年5月28日(最終)彦根市長曽根町の一部8.8
南彦根駅南東部地区地区計画平成26年5月28日彦根市西今町の一部・竹ヶ鼻町の一部10.5
本町二丁目地区地区計画平成26年5月28日彦根市本町二丁目の一部4.0

代表的な地区計画

本町地区

本町地区

エクセレントヒルズ彦根地区

エクセレントヒルズ彦根地区

2.地区計画建築条例

 建築基準法第68条の第1項の規定に基いて、地区整備計画において定められた建築物等に関する事項のうち、特に重要な事項について政令第136条の2の5で定める基準に従って、条例による制限として定めることができます。

彦根市の地区計画建築条例

都市計画審議会

彦根市の都市計画に関する事項について調査審議する機関として、都市計画法(昭和43年法律第100号)第77条の2第1項の規定に基づく都市計画審議会を設置しています。
 なお、審議会は、委員18人以内をもって組織しており、次の方々で構成しています。

(ア) 学識経験のある者 8人以内
(イ) 市議会の議員 5人以内
(ウ) 関係行政機関の職員または県職員 2人以内
(エ) その他市長が適当と認める住民 3人以内

都市計画審議会名簿

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

彦根市都市計画道路網の見直し

彦根市では、平成24年度から平成26年度にかけて都市計画道路網の見直しを行ってきました。現在は、平成27年度中に都市計画の変更決定を行うことを目標として手続を進めております。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市都市建設部都市計画課

電話: 0749-30-6124 ファックス: 0749-24-8517

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.