ページの先頭です

ご注意ください! 熱中症

[2018年7月1日]

ご注意ください! 熱中症

 熱中症の発生のピークは7月から8月です。熱中症は炎天下だけではなく、室内でもなり、重度の熱中症の場合は命を落とすこともあります。予防法を正しく理解し、熱中症から身を守りましょう。

熱中症とは・・・

 高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がこもり、めまいや吐き気、倦怠感などの症状が現れ、重度になると意識障害などを引き起こす病気です。

 屋外で活動している時だけではなく、室内でじっとしていても室温や湿度が高いために熱中症になる場合もあります。

 

熱中症の予防ポイント

★「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!★

水分・塩分補給

のどの渇きを感じなくても、お茶や水などで水分補給をしましょう。多量の汗をかいた時は、塩分も少しだけ補いましょう。

室内環境を整える

すだれや遮光カーテンで直射日光をさえぎる、換気をする、必要に応じてエアコンや扇風機などを使用するなど、部屋に熱がこもらないように心掛けましょう。

暑さに備えた体力づくり

バランスよく、規則正しい食事で夏バテを防ぎましょう。また、ウォーキングなどの運動や入浴などで、適度に汗をかく習慣をつけましょう。

服装を工夫する

通気性の良い、吸湿・速乾の衣服を着る、熱を吸収しやすい黒い服を避けるなどして涼しい服装をしましょう。外出時は帽子や日傘で日よけ対策をしましょう。

 

高齢者の方は特に注意が必要です

 熱中症患者の約半数は高齢者(65歳以上)です。高齢になると暑さや水分不足に対する感覚が低下するために、暑さに対する体の調節機能も低下し、室内でも熱中症になることがあります。 

子どもの熱中症

 子どもは体温調節機能が十分に発達していません。また、地面の照り返しにより、感じる暑さは大人より3℃以上になることもあります。また、遊びに夢中になっているとのどの渇きも忘れがちです。そのため子どもの様子を観察し、十分な注意が必要です。

意外と多い・・・大人の熱中症

 スポーツや屋外の労働などでの熱中症は若年層でも多く発生しています。こまめに水分補給をし、無理をせずに適度な休息をとりましょう。

熱中症になった時の対処

  • 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静にして寝かせる。
  • エアコン・扇風機をつける、体(とくに首すじ・脇のした、太ももの付け根など)を氷枕などで冷やす。
  • 水分・塩分を補給する

自力で水が飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を呼びましょう

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市福祉保健部健康推進課

電話: 0749-24-0816 ファックス: 0749-24-5870

お問い合わせフォーム


ご注意ください! 熱中症への別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.