ページの先頭です

彦根市火災予防条例が一部変更され、露店等開設届が必要です

[2018年6月29日]

彦根市火災予防条例の一部改正の概要

 平成25年8月に京都府福知山市で発生した福知山花火大会での火災を踏まえて、対象火気器具等の取扱いに関する規定の整備のほか、屋外における催しの防火管理体制の構築を図るため、大規模な催しを主催する者に対して、防火担当者の選任、火災予防上必要な業務の計画の作成等を義務付けることを内容とした火災予防条例が改正されました。

改正内容

1 火を使用する器具およびその使用に際し、火災の発生のおそれのある器具の取扱いの基準に関する事項

 対象火気器具等を祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して使用する場合に消火器の準備をした上で使用することとなります。

 (第18条、第19条、第20条、第21条および第22条関係)

2 屋外催しに係る防火管理に関する事項

(1) 指定催しの指定

 消防長は、祭礼、縁日、花火大会その他の多数の者の集合する屋外での催しのうち、大規模なものとして消防長が定める要件に該当するもので、火災が発生した場合に人命または財産に特に重大な被害を与えるおそれがあると認めるものを指定催しとして指定することとなります。

 (第42条の2関係)

(2) 屋外催しに係る防火管理

 (1)の指定催しを主催する者は、防火担当者を定め、火災予防上必要な業務に関する計画を作成させるとともに、当該計画に従って火災予防上必要な業務を行わせなければならないこととなります。

 また、原則として当該催しを開催する日の14日前までに当該計画を消防本部(予防課)に提出しなければならないこととなります。

 (第42条の3関係)

3 火災とまぎらわしい煙等を発するおそれのある行為等の届出に関する事項

 祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の 多数の者の集合する催し※1 に際し、対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合は、消防機関に届出※2 なければならないこととなります。 

 (第45条第6号関係)

※1 「多数の者の集合する催し」とは、運動会やPTAなどの学校行事、自治会行事など地域社会が行う祭りなどの一定の社会的広がりを有するものが含まれます。したがって、近親者によるバーベキューや花見など個人的な行事は、対象外となります。

※2 「消防機関に届出」とは、管轄する消防署・分署へ露店等の開設届出書を3日前までに2通提出することとなります。

露店等の開設届出書 様式第12号の2(第5条関係)

4 罰則に関する事項

 改正後の火災予防条例第42条の3の規定による火災予防上必要な業務に関する計画を提出しなかった者に対し、罰則を科することとなります。

 (第49条、第50条関係)

5 施行日

 平成26年7月1日から施行する。

 なお、条例の施行の日から起算して14日を経過する日までに終了する催しについては、改正後の火災予防条例第42条の2および第42条の3の規定は適用されません。

 (附則関係)

指定催しのお知らせ

下記催しを指定催しとして指定しました

1

催しの名称       第106回 高宮納涼花火大会

催しの開催場所   彦根市高宮町犬上川無賃橋周辺

催しの開催期間   平成30年7月7日(荒天時等の予備日として、同月15日または21日)

催しを主催する者  彦根市高宮町2310番地

                          高宮商工繁栄会(高宮商工会館内)

2

催しの名称      平成30年度 彦根大花火大会

催しの開催場所   彦根市松原町 松原水泳場一帯

催しの開催期間   平成30年8月1日(荒天時等による予備日はなし)

催しを主催する者  彦根市本町1丁目12番5号  四番町スクエアひこね街なかプラザ

             彦根大花火大会実行委員会(公益社団法人彦根観光協会内)

            

指定催しについての問い合わせ先

彦根市消防本部予防課

電話0749-22ー0332番

ファックス0749-22ー9427番

 

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市消防本部

電話: 0749-22-0119 ファックス: 0749-22-9427

お問い合わせフォーム


彦根市火災予防条例が一部変更され、露店等開設届が必要ですへの別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.