ページの先頭です

「令和元年度 荒神山自然の家活動支援スタッフ説明会」を開催しました。

[2019年6月10日]

令和元年度 荒神山自然の家活動支援スタッフ説明会

令和元年6月2日に令和元年度の荒神山自然の家活動スタッフ登録説明会を開催しました。

昨年度活動の様子

※ 画像をクリックすると拡大して表示されます。

 平成30年度は自主事業の運営に協力していただける活動支援スタッフの募集をしたところ、15名(新規2名、継続13名)の方々から応募がありました。

 説明会当日は9名の方々の参加がありました。午前10時に集会室で受付した後、自己紹介を行いお互いが呼び合うニックネームを披露し合いました。次に職員から昨年度の自主事業の報告および今年度の予定を説明し、活動に当たっての諸々の注意事項を伝えた後、施設内の見学をして、館内での説明会は一旦終了しました。

 続いて、クラフト棟に場所を変えて、野外活動の研修をしました。まずは、野外調理実習です。2グループに分かれて、野外炊事に必要な道具の準備から始め、火の起こし方、鉈(なた)や包丁など刃物の使い方の注意点を確認しながら、焼きうどんと焼きりんごを作りました。多少の失敗もありましたが、どちらのグループも上手に完成しました。お腹が空いていたこともありましたが、やっぱり屋外で食べると、食事のおいしさも格別でした。 
 後片付けをして、KAP(荒神山アドベンチャープログラム)体験をしました。今回体験した活動は「パンパープランク」です。「パンパープランク」は仲間に命綱を握ってもらい、5mの高さにある板からジャンプしてブランコのキャッチを目指す活動です。高さの恐怖に打ち勝つことも大切ですが、命綱を握ってくれる仲間を信じることがもっとも大切です。活動支援スタッフ全員が挑戦し、全員ジャンプすることができました。最後に挑戦した活動支援スタッフがブランコキャッチを成功したときは、大歓声が上がりました。

 最初は緊張していた新規活動支援スタッフも、一緒に実習をしたことで信頼関係が生まれ、ニックネームで呼び合えるまで仲良くなりました。この経験を生かして、今年度の自主事業では、活動支援スタッフが中心になって引っ張っていってくれたら良いなと思いながら、これからの活躍に大いに期待を持つことができる一日になりました。

<支援スタッフ募集について>

 荒神山自然の家では、活動支援スタッフを募集しています。
子どもとのふれ合いが好きな方、野外活動に興味のある方、自然や生き物が好きな方であれば、大歓迎です。
活動していただく内容は、主に荒神山自然の家の事業のサポートです。交通費、活動中の食事代、ボランティア保険などは、施設で負担します。
 季節を感じながら、我々と一緒に自然の中で活動してみませんか。
ご連絡を、お待ちしております。

活動支援スタッフ募集のお知らせ

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市教育委員会事務局荒神山自然の家

電話: 0749-28-1871 ファックス: 0749-28-1872

お問い合わせフォーム


「令和元年度 荒神山自然の家活動支援スタッフ説明会」を開催しました。への別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.