ページの先頭です

【彦根城学術シンポジウム2017】『発掘・解体調査からみえてきた彦根城と文化財としての価値』の開催について

[2017年10月13日]

【彦根城学術シンポジウム2017】『発掘・解体調査からみえてきた彦根城と文化財としての価値』の開催について

開催趣旨

 特別史跡彦根城跡内の彦根市開国記念館において平成29年3月18日から12月10日まで、企画展『佐和山御普請、彦根御城廻御修復―発掘・解体調査からみえてきたもの―』を開催しています。

 この企画展では、歴史的に新旧関係にある佐和山城と彦根城を通史的に捉えた初の試みを行っていると同時に、近年になって蓄積されてきた特別史跡彦根城跡とその一部である名勝玄宮楽々園における史跡整備や、石垣解体保存修理に伴う発掘調査から、実証的に彦根城の築城の工程や改造の度合いを語ることができるようになってきたことを知ってもらえるような内容としています。

 全国的に見ても、長年にわたり地道な調査・研究が続けられた結果、同じような成果が出てきており、広く一般の方々にも知られるようになってきています。

 今回、本企画展開催にあわせて、近年の地道な彦根城の調査・研究の状況を広く知ってもらい、国民共有の財産である特別史跡彦根城跡・名勝玄宮楽々園の真の歴史的価値を周知するシンポジウムを開催します。

 シンポジウムでは、先進地である城跡の担当者(専門家・学芸員)を講師として招き、各城跡の事例報告と今後の文化財としての彦根城のあり方についてもご意見をいただきます。

  

1.開催日時

平成29年11月19日(日)  午後0時50分から午後5時00分頃まで

※受付開始:午後0時00分

 

2.開催場所

彦根市馬場一丁目1-1

滋賀大学経済学部 大合併講義室

※当日は、彦根城内の大手前第2、彦根西中学校横の各文化財保存用地を参加者駐車場としてご利用いただけますが、台数に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用いただくようお願いします。

 

3.定員

400名程度

 

4.参加費

無料。ただし、資料代として500円いただきます。

 

5.申込方法

電話・ファックス・メールのいずれかでお申込みください。

申込みの際に、氏名・住所・連絡先をお知らせください。

 

 【申込み先】

  彦根市教育委員会事務局文化財部文化財課

  電話:0749-26-5833

  ファックス:0749-26-5899

  E-mail:bunkazai@mx.hikone.ed.jp

 

6.内容・日程(予定)

 午後0時00分 開場・受付

 午後0時50分 挨拶

 午後0時55分 主旨説明・事務連絡

 午後1時00分 史跡岡山城跡の調査・研究からみえた城郭の歴史

           (岡山市教育委員会文化財課長 乗岡 実 氏)

 午後1時50分 県史跡郡山城跡天守台石垣解体調査から見えた城郭の歴史

           (大和郡山市教育委員会生涯学習課文化財係主任 十文字 健 氏)

 午後2時40分 休憩

 午後2時50分 特別史跡彦根城跡の石垣解体調査からみえた築城工程

           (彦根市教育委員会文化財課担当職員)

 午後3時30分 名勝玄宮楽々園の発掘調査からみえた彦根城の空間構造の変遷

           (彦根市教育委員会文化財課担当職員)

 午後4時10分 休憩

 午後4時20分 シンポジウム「城跡の調査・研究からみえてくる真の価値とその意義」

           (司会:滋賀県立大学人間文化学部教授 中井  均 氏)

 午後5時00分 閉会連絡

 

現在、彦根市開国記念館で開催中の企画展示の様子

現在、彦根市開国記念館で開催中の企画展示の様子(1)

現在、彦根市開国記念館で開催中の企画展示の様子(2)

現在、彦根市開国記念館で開催中の企画展示の様子(2)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市教育委員会文化財部文化財課

電話: 0749-26-5833 ファックス: 0749-26-5899

お問い合わせフォーム


【彦根城学術シンポジウム2017】『発掘・解体調査からみえてきた彦根城と文化財としての価値』の開催についてへの別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.