ページの先頭です
空から見た彦根城

写真提供 中日新聞社

彦根城とその関連資産は、ユネスコ世界遺産暫定リストに記載されており、世界遺産登録を目指しています。

彦根は、武家の統治の拠点として、今から約400年前、城を中心に計画的につくられた都市です。江戸時代には、日本じゅうに約180もの城と城下がつくられましたが、明治時代以降、そのほとんどが消滅・変貌していきました。彦根には、城の中堀より内側に、天守をはじめ、櫓・門、御殿、庭園、藩校、武家屋敷といったほんものの資産が残っています。これらは、江戸時代の都市の構造と機能、芸術性をあらわしています。

まずは、彦根城にどのような資産があり、どのような価値があるのかを動画でご紹介します。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市教育委員会文化財部彦根城世界遺産登録推進課

電話: 0749-26-5834 ファックス: 0749-27-3554

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.