ページの先頭です

世界遺産登録に向けた「意見交換・応援1000人委員会」を設立します

[2017年12月8日]

 世界に開かれた美しいまちを目指し、彦根城とその関連資産の世界遺産登録に向けて、市民をはじめ、文化、教育や経済に関わる方々が、個人として自由に意見交換できるよう、定期的な会合を開催していき、参加希望者が100人になった段階で、事務局などの組織を固める方針です。

 彦根城は長らく暫定リストに記載されたままになっており、文化庁は以下の課題を解決するよう、彦根市に求めていました。

(1) 既登録資産である姫路城との差別化
(2) 国内外の類似資産との比較
(3) 開発が進んだ市街地をいかに城下町と特徴づけるか。

 近年、彦根市はこれらの課題に集中的に取り組み、昨年度、複数の研究報告書によって解決し、日本政府が世界遺産委員会に推薦できるような推薦書原案を、学術検討会議における議論のもとに作成中です。

 彦根は、江戸時代の統治や社会を具現する城と城下を構成するすべての要素の少なくともひとつをほんものの姿で残しています。このような資産を世界の人が人類史上の価値として認め、協力して保存すべく価値づけるかが最大の課題です。

 このような学術的準備が進むなか、登録資産となる建造物や遺跡を保存・管理し、美しい街並みを再現していくことが重要です。そのためには城内の交通体系を整備し、最も重要な武家屋敷、町屋や街並みの一部をこの目的に適うよう保存し、都市構造、とりわけ濠や水の使い方を浮き彫りにするよう復元して、屋形船などによってその芸術性、技術性を印象付けることなどが考えられます。ハード・インフラの整備のみならず、市に訪れる人々に歴史などについて説明し、多言語対応の案内のしくみを講じ、また、どなたでも十分楽しんでいただけるような補助を設けるといったソフト・インフラも必要です。

 世界遺産登録を目指すことは、文化と芸術の源泉であった彦根城と城下の自然との融和・共存を維持し、新たな事業と市場を展開し、文化活動を誇るまちにすることで地方創生につなげていくことではないでしょうか。「まちづくり」について市民の方々の意見を伺い、議論しながら、官民一体となって一日も早く彦根城とその関連資産の世界遺産登録を目指したいと思います。

 皆さんの幅広いご参加をお願いいたします。

申込方法

「意見交換・応援1000人委員会」にご参加いただける方は、下記の用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、ファックスでご送信ください。
または、(1)氏名、(2)住所、(3)電話番号、(4)メールアドレスをメールにてお知らせください。

ご連絡先
彦根市教育委員会事務局文化財部 彦根城世界遺産登録推進課
ファックス 0749-27-3554
メール hikone-wh@ma.city.hikone.shiga.jp

「意見交換・応援1000人委員会」の設立に向けて

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市教育委員会文化財部彦根城世界遺産登録推進課

電話: 0749-26-5834 ファックス: 0749-27-3554

お問い合わせフォーム


世界遺産登録に向けた「意見交換・応援1000人委員会」を設立しますへの別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.