ページの先頭です

沖縄県で麻しん(はしか)が流行しています

[2018年4月26日]

沖縄県で麻しん(はしか)が流行しています

平成30年3月、沖縄県内を旅行中の外国人観光客が麻しんと診断されたと報告がありました。以降、この患者と接触があった人を中心に、沖縄県では麻しん患者の発生が続いています。

 

麻しんについて

麻しんは、麻しんウイルスによる感染症です。感染力は強く、同じ空間にいただけでも感染する可能性があります。

麻しんは、約10日の潜伏期間の後、最初の約4日間は38℃前後の発熱があり、一時おさまりかけたと思うと、また39から40℃の高熱と発しんがでます。高熱は約4日で解熱し、次第に発しんも消失します。

発症すると気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎などの合併症を併発することもあり、昔は「命さだめ」といわれていた病気です。

また、妊婦が感染すると早産や流産のリスクが高くなります。

麻しんは発症すると特別な治療法がないため、かかる前に予防接種をすることが重要です。

 

沖縄県に旅行または出張等で行く予定のある人へ

麻しんの罹患歴や、麻しんワクチンまたは麻しん・風しん(MR)混合ワクチンの予防接種の履歴を確認しましょう。

麻しんにすでにかかったことがある人、またはワクチンを2回接種している人は、予防に必要な抗体価を保有しているため、予防接種を受ける必要はありません。

2回の接種がない場合、早めに接種するか、麻しんの流行終息後に延期するなどした方が安心です。

 

参考

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市福祉保健部健康推進課

電話: 0749-24-0816 ファックス: 0749-24-5870

お問い合わせフォーム


沖縄県で麻しん(はしか)が流行していますへの別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.