ページの先頭です

第70回人権週間

12月4日から12月10日までの1週間は、「人権週間」です

人権とは、人間が幸せに生きていく権利で、すべての人が生まれながらにもっている基本的な権利です(彦根市人権尊重都市宣言から)。
部落差別、性差別、外国人差別など、あらゆる差別や偏見をなくし、みんなが明るく暮らせる社会を作りましょう。そのためには、私たち一人ひとりが、人権について正しく理解し、周りの人の人権を尊重する意識を持つことがとても大切です。
「人権週間」を機会に、家庭で、職場で、学校で、地域で、家族と、友達と、みんなと、身近なことから人権について考えてみてください。

人権週間とは

国際連合は、1948年(昭和23年)12月10日の第3回総会で世界人権宣言が採択されたことを記念し、1950年(昭和25年)の第5回総会において、世界人権宣言が採択された12月10日を「人権デー」と定め、すべての加盟国に対し、人権擁護活動を推進するためのさまざまな行事を毎年実施するように呼びかけています。
日本では、世界人権宣言が採択された翌年の1949年(昭和24年)から毎年12月10日の人権デーを最終日とする1週間を「人権週間」と定めています。

平成30年度啓発活動重点目標

みんなで築こう 人権の世紀 ー 考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心 ー

平成30年度啓発活動強調事項

・女性の人権を守ろう
・子どもの人権を守ろう
・高齢者の人権を守ろう
・障害を理由とする偏見や差別をなくそう
・部落差別等の同和問題に関する偏見や差別をなくそう
・アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう
・外国人の人権を尊重しよう
・HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
・刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
・犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
・インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
・北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
・ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
・性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
・性自認を理由とする偏見や差別をなくそう
・人身取引をなくそう
・東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

詳しくは、法務省ホームページをご覧ください。   法務省のホームページはこちら(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

彦根市市民環境部人権政策課人権啓発係

電話: 0749-30-6115 ファックス: 0749-24-8577

お問い合わせフォーム


人権週間への別ルート

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.