ページの先頭です

【大事なお知らせ】7月中旬以降の記録的な高温と今後の見通しについて

[2018年7月24日 14時35分]

平成30年7月23日17時に気象庁から次のとおり発表がありました。

 

・ 7月中旬以降、東日本と西日本では、太平洋高気圧に覆われて、晴れて気温のかなり高い日が続いています。

  7月中旬の平均気温は、近畿地方で+3.4℃と1961年の統計開始以来、7月中旬としては最も高くなりました。

・ 昨日(23日)には、埼玉県の熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1℃の気温を記録しました。

・ 東日本と西日本では、気温の高い状態は8月上旬にかけて続き、最高気温が35度以上の猛暑日が続く所もある見込みです。

・ 熱中症など健康管理に十分注意し、水分や適切な塩分補給など心がけてください。

 

彦根市役所 危機管理室

Copyright (C) Hikone City All Rights Reserved.