(昭和13年4月11日 制定)

彦根の中心、金亀山の亀甲をかたどり、外わく右側に「ヒ」、左側に「コ」、中心に「ネ」を配し、図案化したものです。